ホーム>中国技建>屋根の漆喰について

屋根の漆喰について

屋根の漆喰(しっくい)について

屋根の漆喰について

漆喰で屋根の修理・工事での瓦の葺き替えが無用!!

葺き替えの5分の1の費用で工事ができるので、とても経済的です。瓦は永久ものです。大事に使えば一生住宅を守ります。

ポイントは早期発見と早期治療が必要!

・瓦は浮いていないか? ・瓦のズレはないか?

・瓦のカケはないか?・漆喰は欠落していないか?

お見積り無料です!

何故漆喰が必要か?

瓦屋根

漆喰とは、瓦と水と保護する昨日を意味します。(漆喰とは瓦の一部と考えていいでしょう)。家で一番大事な場所といえば下と上だと思います。

ですが、どちらも見えにくい場所であり、気がついた時には手遅れに・・・という大事な部分です。そのまま家の寿命です。一度工事をしておけば20~25年対応します。
雨漏りとは、家の中に水が入って初めて気がつくと思いますが、家の中に水が入らず、瓦の下の部分(屋根地・板)に水が入りますし、カビが発生する恐れもあります。

当社では、漆喰の厚みが約30~50mm。
それに本職職人さん(屋根屋)が施工いたしますので、出来栄えもとてもキレイです。

分  類 成  分
セメント ホワイトセメント
骨材 寒水石・炭酸カルシウム
混和材 無機質混和剤
混和剤 防水剤・水溶性樹脂
繊維 ビニロン繊維

屋根屋さんと瓦屋さんの違いは?

瓦屋さんは、新築の家の瓦を葺くときや葺き替えを職種としています。一方、屋根屋さんは漆喰・瓦のズレ、浮き、雨漏りを主に職種としています。

悪い屋根について

セメント漆喰の屋根の場合

漆喰の厚みが(3~5mm位)早ければ5~10年目で漆喰が割れ葺土が流れます。その結果、屋根の棟が下がり、瓦がゆるみ瓦が抜けたり、最悪の場合水が回る恐れがあります。

お城の屋根が何故保つのか?

お城の屋根

重要文化財(瓦は江戸時代のもの)の為、定期的に修理をしているから保っています。
定期的に修理・工事をしていない一般のご家庭の屋根は、何年かすると明らかに劣化していきます。

ゆう薬瓦、和形瓦の場合

瓦の表部分にしか、ゆう薬を塗っておらず、瓦の裏に水が入り、残った場合、冬の寒い季節に瓦が暴発し、割れる場合があります。瓦1枚1枚にシリコーンラバーをしておけば屋根を一枚の面積にするので、台風の際に瓦の裏の部分に水が入ったり・破損・飛ぶことを防げます。

まずはお気軽にお問い合わせください!0120-644-469メールでのお問い合わせ【本社】岡山県倉敷市水島東弥生町8-26 /【営業所】岡山県岡山市南区千鳥町26-33